混同されることの多いインプラントと差し歯。何

混同されることの多いインプラントと差し歯。何が違うのでしょうか。差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。
つまり、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。
ですから、抜歯してしまって歯がない場合は原理的に差し歯の施術は不可能なのです。
対して、インプラントは差し歯と異なり、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、その上に義歯を装着して固定するというものです。自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。
長く根気のいるインプラント治療。しかし、やっと治療期間が終わったといっても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。
義歯を劣化させず長持ちさせるのは、患者さん自身のケアにかかっているのです。歯磨きにも正しい仕方があります。歯科で指導してもらえるはずですから、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。
さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、異常に気付くのも遅くなります。
担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。この点は、歯科医の技量や、患者さん自身のコンディションにもよるので、必ずしもこうなるとは言えず、人と状況によりけりなのです。
歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。
入れ歯や差し歯と比べても利点の多い治療法であるインプラント。ですが、他の治療法と同様、注意すべき点があります。
何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られているという事実です。
糠喜びにならないためにも知っておきましょう。
いくつか例を挙げると、ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりするかもしれません。年々進化を続けるインプラントの技術。近頃では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、食事の際にグラグラと動いてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことが要因となっています。
高い技量を持つ歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。
近年市民権を得てきたインプラント。
人工歯の組成には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。
熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが要求される作業です。
これには大変な手間と時間がかかりますから、インプラントに用いるセラミックの義歯は、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。
無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、口臭を人から指摘されるようになったという件が歯科医院ではよくきかれます。
これでは折角のインプラントが台無しです。理由としては、インプラントと隣の歯の間などに歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっていることも考えられるので、放置はできません。
そのようなケースでは、放っておかずに診察を受けてください。
人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。インプラントは、一種類だけではなく、部品の接続形態によって以下に示す何通りかに分かれています。
人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているものが1ピースタイプです。他に、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。よりメジャーである2ピースタイプは、パーツ同士の結合部の形によって、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)があり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。
その手術とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。
入れ歯などの方法と比べると、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの卓越した技術が必須といえるでしょう。
それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。使用年数は基本的に一生と説明されることが多いようですが、現実的には、施術後のセルフケアと、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。口内のセルフケアを怠れば、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、その分、人工歯の寿命も左右されてしまうのです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ