虫歯がかなり悪化して、結局、歯を抜くことになって

虫歯がかなり悪化して、結局、歯を抜くことになってしまいました。
ブリッジでもいいですよと言われましたがこのような場合、インプラントにもできますと説明され最終的にインプラントを選びました。結構な費用がかかるデメリットはありますが、安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく自分の歯と同じように噛めたのでインプラントが正解だったと思います。
歯科治療の一環として、インプラント治療もある程度のリスクを伴う治療です。
どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などの人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目の問題が起きる可能性もあります。このような危険をできるだけ避けるために、まず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。インプラントはメリットの大きい治療法です。
けれども、デメリットも知った上で選択してください。
第一に、費用は他の歯科治療より高額です。
高くついた場合、数十万円にもなるケースもまれではありません。
それから、治療が失敗すると、場合によっては障害が残るような健康被害も起こりうるという重大な問題もあります。
まれな症例として、死亡事故も実際に報告されています。
どんな問題がインプラント治療にあるかをいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという話があったのではないでしょうか。それは気にしないでください。MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。
金属があれば、そこは乱れて映ります。
インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、MRI検査への影響はありません。
最近よく耳にするインプラントは、自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工の歯を作ることだと考えてください。ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば人工歯根を骨に埋め込むことによって強度や使用感が天然歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療にお金がかかることは承知しておいてください。

費用や手間の面から考えても、インプラント治療は治療の選択肢がそれしかない方に適用されます。
クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を選ぶしかない患者さんが多いでしょう。インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、自分の歯に近い噛み心地が得られ、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。保険適用の可能性もゼロではありませんが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。
治療のごく一部しか保険適用にならないのが高額の負担を避けられない理由です。安くできるケースで十数万円、難しい治療を受けるケースでは費用が数倍にもなる可能性があることを承知しておく必要があります。自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、インプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。
地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに料金はずいぶん違ってきます。治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。
ここで重視すべきなのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。
費用が高額なので、多くは一括払いだけでなくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。
保険が適用されればありがたいのですが、インプラントを入れるという一連の治療は保険適用が可能な他の治療方法よりもコストがかかり、設備や技術も要するからです。手術の前後には様々な処置が必要で、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。治療の一部を保険適用にするだけでも、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。インプラントならば、他の人工歯と比べても噛んだ感じが自分の歯に近く、どんなガムでも安定した噛み心地なのはインプラントにして良かった点の一つです。両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい頑丈です。
もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ