インプラント治療を始める前に治療費が気になるのは

インプラント治療を始める前に治療費が気になるのは当然です。
現実には、治療費といっても歯科医院それぞれで相当な開きがあります。保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用設定は歯科医院に完全に任されています。
それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度がおおよその相場と考えてください。ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行う普通のインプラント治療の中でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。
その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが命に関わる大事な問題です。
感染症対策について、具体的な取り組みをきちんとホームページに載せている歯科医院もごく普通になっているので、まずはそこを見てください。歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという患者の希望がある場合です。ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯を直接再生する治療と言えます。両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという要望がある場合、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。
皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、現状では確実な説はありません。
きちんとメンテナンスを行った場合は自分の歯と同じくらい保つというケースが増えています。
とすれば、普段のメンテナンス次第で長期間の使用も問題ありませんが、日頃のケアが行き届かないと維持できなくなる異常も起こりうると思ってください。
一口にインプラント治療といっても、3つのハードルを越えなければなりません。一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。
というのがだいたいの流れです。この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医がどのような技量を持っているかでかなり治療実績には差があると考えられます。この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だと言えます。
とにかく入念に、歯科医選びをすることが治療全体の大きな部分を占めます。人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがお手入れなしで長持ちするとは言えません。
小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。
そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。
インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。
自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再手術を迫られ、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。
インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を損傷する危険性もあります。
インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはまずないと考えてください。
根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにとってつけた感じにならず、これは義歯だと自分から言わない限り、いかにも義歯だと思われることはまずないと思って良いでしょう。自然な見た目を重視している場合、優先したい治療方法ですね。
インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーも起こりにくいとされています。
治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて初めて治療開始となるので納得した上で治療を始められます。治療が終わったところで、重要なメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ