理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治

理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、検査の段階で断られることもあります。しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「あごの骨の幅が足りない」ということならばもう少し粘ってみてください。歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療ができるようになっています。現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で十分調べてください。
どんな完璧なインプラント治療でも、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、不断のケアが求められます。
食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールは欠かせませんし、定期的な検診を欠かさず継続することを続けなければなりません。
インプラントは虫歯にならないとはいえ、ひとたびケアの手を抜けばいずれ歯周炎などを引き起こすことになります。
人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。
外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金など人体への親和性が極めて高い素材を使って作られているためです。
インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。ほぼ全額自費とみるべきです。経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと不安なく進めていけるでしょう。
人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、術後の患者さんは、ほとんどが多少の違和感があるといいます。腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてひたすら辛抱が大事です。
十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。
インプラント治療も医療行為ですが、保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。
しかし、医療費控除の対象ではあります。
確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり医療費を収入から引くサービスを受けられます。確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医で発行した領収書はお金を払った証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう保管しておくことをすすめます。
治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院することはめったにありません。麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。
また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。
腸骨など自家骨の移植手術であれば手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。
これらのケース、その他の困難なケースであれば治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。
インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでかなりの痛さを想像してしまうでしょう。
インプラント埋入手術を受けても、強い痛みを感じることはないと思ってください。
切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて本格的に手術を始めるためです。
麻酔が切れた後で、腫れてきたり多少の痛みはあるかもしれませんが痛み止めは頓服として処方されますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。
特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保することを忘れないでください。
さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんもリスクを背負っています。
ただし、これらの既往症があっても絶対治療できないとは言えません。
歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。
手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので異常がなくても維持費は必要になります。普通は、三ヶ月に一回のペースで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。
定期検診を受ける費用は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円くらいと考えてください。全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの維持費を見込んでおいてください。欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。
インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。
一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。
ですから、見た目を考えればほとんどの場合、インプラントが良いと言えます。先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという覚悟もしなければなりません。
インプラントなら岡山県津山市の北歯科医院がおすすめ

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ