骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は基本的に一生と説明されることが多いようですが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、担当医の技量によっても変わるようです。
口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。
また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も左右されてしまうのです。
新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、人と状況によりけりなのです。
歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、腫れた部位を冷やすなどしても、なお痛みの治まる気配がないときは、直ちに歯科で診てもらってください。技術の進歩した今では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、それも皆無とはいきません。
義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、歯がグラついて違和感を覚えるなど、問題となる不具合が報告されています。
そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足に起因することが多いといえます。
高い技量を持つ歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。
完全に歯がなくなってしまった部位にも使える治療法であるインプラント。
ですが、気に留めておくべきポイントがあります。
まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があることです。
後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。
インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうかもしれません。
歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。
その人工歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。
プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術が必要不可欠です。
患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、その分、インプラントの人工歯は、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。入れ歯などの方法と比べると、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の高レベルの医療技術が必須といえるでしょう。
高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術ということです。
いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。
無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、以前と比べて息のニオイが気になるという話も一部で見られます。
そうなる理由として、歯茎の合間に食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症しているという可能性もあるのです。
ひょっとして、と思ったら、放っておかずに診察を受けてください。インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、一種類だけではなく、部品の接続形態によって以下に示す何通りかに分かれています。人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるのが1ピースタイプと呼ばれるもの。そして、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。
2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれており、それぞれ特性が異なります。初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。
読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。
残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。
歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、埋め込む所がないので使えません。さて、そこでインプラントですが、これはチタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。
差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。
せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。
歯磨きにも正しい仕方があります。歯科で指導してもらえるはずですから、毎日欠かさず行うようにしましょう。
歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ