インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎで

インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。かなり専門性の高い外科的治療を要するので、様々な症例を診てきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。
それはもちろんのこと、費用面での疑問に応えてくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども後悔しない歯科医選びの決め手となります。
入れ歯の装着に違和感があるという方、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にインプラントは最適です。チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。
どうしても外見や噛み心地を求められるなら、何といってもインプラントです。
歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、痛みが落ち着くまでは、安静に生活を送ってください。日常生活には極端な制限はありませんが、日常生活以上の負荷がかかる運動はしばらく行わないようにしましょう。傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。運動を毎日のように行っている方は、再開する時期を、歯科医と話し合って確認しておけばベターです。インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。これは、人工物を埋め込んで周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たもので時間の経過ともに落ち着くのが圧倒的に多いです。しかし、他の原因から生じることもあるので、違和感がおさまらないときは速やかに歯科医の診断を受けることを忘れないでください。
インプラントは人工歯なので虫歯になる可能性はゼロですが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。
インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診はどこまでも続きます。
もしも、インプラントの周りで腫れや出血があれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。自然に治ることはありませんので、早急に診察してもらわなければなりません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ