自分の歯根を使えるかどうか

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。
虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が残せれば上からすっぽりとクラウン治療が可能になります。
抜歯した場合の選択は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため費用を払いきれるかどうか心配になる方も決して少なくありません。しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどの名称で信販会社のローンで支払いができる融通の利く歯科医院が多くなりました。治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、自分が希望する治療を始めることは十分可能になりました。
いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医の治療を受けようとすれば海外で治療を受けるということも考えていきましょう。
そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。一生使える第二の歯を求めて、すぐにあきらめることなく、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみるのが成就への第一歩です。喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は小さくないと覚悟してください。
インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが治療の成否を分けます。組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などがかなりマイナスに作用します。
インプラント治療のために何でもできると思うなら、治療を受けている間はしっかり禁煙するべきでしょう。
インプラント治療の大きな問題は、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。おおむね保険適用外で、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによってもかなり費用が違うことも確かで、どの歯科医院を選ぶかによっても思いの外費用は違ってきます。加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるということも覚えておきましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ