その後のケアに手を抜いては意味がありません。

インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、治療後のメインテナンス次第なのです。間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。正しい方法を歯科で教えてくれるので、毎日欠かさず行うようにしましょう。日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。
最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に前よりも口臭が気になるといった変化が歯科医院ではよくきかれます。インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。
この原因としては、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症している場合もあり、単なる口臭と侮れません。
そのようなケースでは、放っておかずに診察を受けてください。
よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。
入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの熟練の技を置いて語れません。患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。
最近よく聞くようになったインプラント。
差し歯とはどう違うのか見てみましょう。
まず、差し歯というのは、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。
そのため、歯そのものを抜いてしまうと、埋め込む所がないので使えません。
さて、そこでインプラントですが、これはインプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものです。自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。
インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、一種類だけではなく、部品の接続形態によって複数のタイプに分類することができます。
人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっている「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。
2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、パーツ同士の結合部の形によって、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。
インプラント 値段

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ