インプラント埋入手術は局所麻

インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。
インプラント埋入手術では、術中、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから本格的に手術を始めるためです。術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに多少の痛みはあるかもしれませんが頓服の痛み止めが処方されるため痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、手術後しばらくの間、患者さんは人工物を入れられた違和感を感じています。
腫れが引いた頃には慣れてきますので、変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるようにここはぐっと我慢してください。十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。
急患でも診療を受けることが必要です。
欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。
いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。
それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。
口を開けたところを見ればどちらかというとインプラントが高い評価を得るでしょう。
先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという覚悟もしなければなりません。
例外はありますが、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。
全額自己負担が普通ですが、医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。
確定申告することではじめて、医療費控除の対象になりすでに収めた税金を取り戻す申告をします。
確定申告で忘れてはならないのは歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が医療費を払った唯一の証明ですから絶対再発行されないと肝に銘じておき、保管しておくことをすすめます。がんばって終わらせたインプラント治療も、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、セルフケアを怠ってはなりません。毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールに注意を払い、さらにインプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらう必要はずっと続きます。
どんな堅牢なインプラントでも、ケアが行き届かなくなると歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。
もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。
これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させるのがとても大事です。また、美容整形であごの骨に手を加えた方もリスクを背負っています。こうした病歴があっても、直ちに治療できないといわれる可能性は低いため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。使われるのは部分麻酔で、入院して手術することはまれです。
血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。
また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。
腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院して手術するケースも実際にあります。
このような難しい治療を行う場合、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。
インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから当然、その度に費用を支払います。
普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うことを指示されます。
メンテナンスの費用は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円くらいかかります。
全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの出費は必要です。人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。
骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使って作られているためです。
インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと治療や手術への心配がなくなるでしょう。
現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなくレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。
ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨の幅が足りない」ということならばまだあきらめなくて良いかもしれません。
最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば従来はできないといわれていた症例でも治療できるところが増えてきました。
現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探すことを勧めます。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ