人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。
なぜ適用されないかというと、インプラント治療と一口に言っても他の人工歯を使った治療に比べてコストがかかり、設備や技術も要するからです。手術の前後には様々な処置が必要で、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。
もしこの治療が保険適用だったら、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。
歯科治療の一環として、インプラント治療も様々な点で、失敗が起きる可能性があります。
どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根があごの骨となじまない、破損などという人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという外見が損なわれる可能性もあります。このような危険をできるだけ避けるために、歯科医はともかく慎重に決めてください。
数々のインプラント治療の問題点について、様々な情報ツールで調べたと思いますが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可といった話を聞いた方もいるでしょう。でも、気にしなくて良いです。MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。
インプラントには主にチタンが使われており、磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、そのため、MRI検査は問題なくできます。
ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは噛んだ感じが自分の歯に近く、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはまた嬉しいですね。
両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい強度を備えています。どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。
治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。健康保険が使えることもまれにありますが、厳しい条件を満たさなければならず、ほとんど全て自費診療だというのが高額の負担を強いる原因です。
インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、高価な材質を選ぶなどで費用はその数倍に及ぶことを承知しておく必要があります。
歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、代用となる人工歯づくりを指します。ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯の根元が骨に埋まっているので違和感が比較的少なく、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。
現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療にお金がかかることは承知しておいてください。
虫歯がかなり悪化して、とうとう抜歯を迫られました。
両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、自分の気持ちが固まりました。
結構な費用がかかるデメリットはありますが、自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。
手術が終わってから、だんだんと自分の歯と同じように噛めたので私の場合は、インプラントが最適でした。インプラントはメリットの大きい治療法です。けれども、そのマイナス面も知らなければなりません。
最大のデメリットは費用が高額になることです。
高くついた場合、数十万円にもなるケースもまれではありません。
そして、治療にミスや失敗があると健康被害が起きると、かなり深刻化するというのも、デメリットの一つです。
障害を負うにとどまらず、死亡事故も実際に報告されています。
一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、インプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。
地域によってかなり料金は異なります。また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も治療費は相当変わってくるので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。できればいくつかの歯科医院を比べ、治療を始めても、決して遅くありません。
歯科医院決定に大事なのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。
高い費用も、一括払いには限りません。
分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。
インプラント治療も万能ではなく、基本的にはブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な方に適用されます。
周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラントしかないとされるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、噛み心地は自分の歯に近く食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ