高額なインプラントは、一体何年く

高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、まだ定説になっていませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば本物の歯に匹敵する耐久性があるというのが多くの意見です。そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期にわたって維持できますが、日頃のケアが行き届かないと歯周病など、異常が起こることがあるという押さえが必要です。
インプラント治療を検討している方、大事なのはどんな歯科医にかかるかです。
この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医がどのような技量を持っているかで大きく違ってくると言うべきです。
この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法なのは明らかで、良く検討した上で、歯科医を選ぶことがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。
言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、お手入れなしで長持ちするとは誰も言っていません。
インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病を引き起こすこともあるのです。残存している歯と同様に歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。
そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗してもやり直しできないことが多い点です。
他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなく骨の中にインプラントが埋まらなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。
インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けての普通のインプラント治療の中でも、院内感染の心配はあるものです。治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが重要事項の一つになります。
近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をきちんとホームページに載せている歯科医院もどんどん増えているので、真っ先に見ておきたいところです。インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、段階が大きく3つに分かれます。最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないなどの要望があるケースです。
ブリッジ治療で考えると、両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。
インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯を直接再生する治療と言えます。周辺の歯に影響を与えたくないという希望がある方には歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れてから、義歯だといわれることはたぶんないでしょう。一見したところ、自分の歯と同じくらい自然な感じを保てるのでこの歯はインプラントだと自分でいわなければ義歯だと気づかれることも気にする必要はありません。
費用や期間より、見た目重視の方にとっておすすめしたい治療法です。全てのインプラント患者にとって、治療費が気になるのは当然です。
実は、かかる費用は歯科医院ごとに相当な開きがあります。
保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用を自由に設定できるのです。
それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。
インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが一般的な相場とみて良いでしょう。現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。
特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、十分な検査を行い、結果を検討した上で初めて治療開始となるので納得した上で治療を始められます。
それから、治療後には、メンテナンスを定期的に行っていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ